トップ > 担当講義 > 科目紹介

科目紹介

 当研究室が担当している講義・演習・実験の内容紹介です.

学部
1. 電磁気学および演習IB (比村) B2第2Q
電磁気学の体系の中で,静磁気学に関する部分の理論を解説し,演習を行う.
2. 電磁気学II (政宗) B2前期集中 再履修生用
電磁気学の体系の中で,静磁気学及び電磁場が時間変化するケースの理論を解説する.講義の構成上,「電磁気学I」を履修済である事が望ましい.
3. 電磁気学および演習IIA (政宗) B2第3Q
電磁気学の体系の中で,電磁場が時間変化するケースの理論を解説し,演習を行う.
4. プラズマ工学 (比村) B3前期
プラズマの基礎的性質と応用について,電磁場中における単一荷電粒子の運動と荷電粒子の集合体としての取り扱いを講義する.
5. 電気エネルギー工学 (政宗) B3後期
エネルギー需要と地球環境問題の関連性や,エネルギー変換・輸送・利用技術の現状と問題点を論じる.

大学院
1. プラズマ解析学 (政宗,比村) 大学院前期課程
プラズマを電磁流体力学(MHD)に基づいて取り扱う方法,および最新のプラズマ科学について講義する.
2. プラズマ制御論 (政宗) 大学院後期課程
アドバンストプラズマ物理,プラズマの制御について論じる.
3. 電磁エネルギー科学 (比村) 大学院後期課程

アドバンストプラズマ物理,プラズマ工学,および電磁エネルギーに関する現状について論じる.

実験
1. 電子システム工学基礎実験 B2後期
○「電磁気学現象」(比村,三瓶)

電磁気学の講義で直感的に理解しにくい事象を選び出し,その事象の理解を実験を通じて学ぶ.

2. 電子システム工学実験 B3通年
○「電子デバイス」(比村,政宗,三瓶)

電子工学で必要な真空技術について学び,その応用としてプラズマを作る.

担当講義

科目履修ガイダンス
科目紹介
講義資料

『一家に1枚』ポスターを制作しました

Plasmap

科学技術週間シンボル 文科省 科学技術週間のページからダウンロードできます